バーニングDH【リンク周りのメンテナンス性の高さ】

バーニングDHも2シーズン目に入りました。

ダウンヒルも29er!とか騒いではいますが(プロジェクト29)現時点では、館兄が使える29erDHバイクはないので、お気に入りのバーニングDHが館兄の愛機です。

今シーズンはそれでも大径化のアドバンテージを体感したくて、マジックマリーの2.5をテストしたりしています。

【リンク周りのメンテナンス性の高さ】

レースを戦う以上、雨の日もガシガシ練習します。

IMG_7623

この時、一番の問題点はその後のメンテナンスです。雨の中を走ると、リンクのベアリングには、かなりの確率で泥が侵入し、動きが悪くなります。

IMG_9800

今までは、バラしてグリスアップして、もう一度組み直す、と言う作業が必要で、雨の練習はちょっと憂鬱だったのですが、バーニングDHにしてからは、その憂鬱から解放されました。

IMG_9799

と言うのも、全てのベアリングが2つのリンクに装置されているので、リンクを交換してしまえば、バイクは完了。

IMG_9798

時間があるときに、リンクのベアリングをメンテナンスすれば良くなったのです。

IMG_9804

その為に、代理店のyurisさんにお願いして、スペアのリンクを入手。特に、レース前日の公式練習が雨の時など、ものすごく助けられています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

館兄 (たちあに)

自転車乗り。  MTBダウンヒル&エンデューロアスリート。 MTBダウンヒル世界選手権60歳クラスで世界一になることを目標に、日々を過ごす。その後、80歳までチャレンジすることを企んでいる。 2014年エンデューロワールドシリーズ40+クラス:総合13位。 2014年MTB全日本選手権ダウンヒル40代クラス全日本チャンピオン。 日本人唯一のSPINNING® マスターインストラクター。 鼻緒のトレーナーとして知られる。 焚き火評論家