プロジェクト29【くすぶり続ける思い】

すでに、館兄のエンデューロバイクでさえfireeyeバーニングの27.5(650B)になりました。ダウヒルバイクも間違いなく27.5になるでしょう。

DSC_0009

26インチのDHバイクのdemo8のフロントフォークがおかしくなって、買い直しを検討した時、迷わず27.5にしました。

IMG_2272

装置して走ってみると、26とは明らかに走破性が違います。木の根も怖くないし、Aダッシュのロックセクションもどんどん行けちゃいます。

IMG_2278

Aダッシュのロックセクションでは、フロントタイヤはどんどん行っちゃうのに、まだ26インチのままのリアタイヤが引っかかる、と言う体験もしました。(実は、館兄のdemo8はそのまま後輪にも27.5が入ってしまったので、コレはすぐに解消しました)

10428281_676264075785074_5947693145942831871_o

おかげで、昨年29erで失敗した、修善寺の全日本選手権のコースを27.5DHバイクで制覇。2014年40歳代のチャンピオンになる事が出来ました。

10483184_676272975784184_9206026679125493399_o

やはり【大径化はアドバンテージになる】と確信しました。27.5で止まるはずない。絶対29erのDHの時代が来る。

1512133_572149036213087_1438506589_o

ナイナーのバイクに乗せて頂いたり、スタンプジャンパーを引っ張り出してみたり、29erの可能性を諦めきれずにいました。

IMG_1054

そして、館兄の気持ちを決定的にするバイクに出会うのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

館兄 (たちあに)

自転車乗り。  MTBダウンヒル&エンデューロアスリート。 MTBダウンヒル世界選手権60歳クラスで世界一になることを目標に、日々を過ごす。その後、80歳までチャレンジすることを企んでいる。 2014年エンデューロワールドシリーズ40+クラス:総合13位。 2014年MTB全日本選手権ダウンヒル40代クラス全日本チャンピオン。 日本人唯一のSPINNING® マスターインストラクター。 鼻緒のトレーナーとして知られる。 焚き火評論家