ワールドカップが始まりましたね。

ワールドカップ(WC)と聞いて、どのスポーツをイメージするのかは、人それぞれなんでしょうね。

今だったら、サッカーとか多いのかな。

さて、館兄はワールドカップと言えばマウンテンバイク(MTB)です。

しかも、ダウンヒル(DH)。

ということで、このブログに来たら、ワールドカップとは無条件で【マウンテンバイクダウンヒル】と認識してください。よろしくお願い致します(笑)

今年の開幕はクロアチア。なんか、信じられないような路面のコースです。

男子の予選は、今年注目しているブルックマクドナルドが取ったのですが、決勝では転倒してしまいました。

結果はアーロングインが2秒近く差を付けて優勝。映像で見る限りでは、人一倍バイクが前に進んでいる感じでした。

今年もグインさんの時代が続きそうです。

あとは、29インチと27.5インチのタイヤサイズの戦い。

今回は27.5インチのグインさんが優勝。2位が29インチのルカショウ。3位が同じく29インチのディーンルーカス。

いよいよ、29インチの時代が近づいて来たのかもしれないですね。まだ、29インチを出してないメーカーがいつ頃動くのか?気になるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

館兄 (たちあに)

自転車乗り。  MTBダウンヒル&エンデューロアスリート。 MTBダウンヒル世界選手権60歳クラスで世界一になることを目標に、日々を過ごす。その後、80歳までチャレンジすることを企んでいる。 2014年エンデューロワールドシリーズ40+クラス:総合13位。 2014年MTB全日本選手権ダウンヒル40代クラス全日本チャンピオン。 日本人唯一のSPINNING® マスターインストラクター。 鼻緒のトレーナーとして知られる。 焚き火評論家