52歳の館兄、全日本選手権にチャレンジします

こんにちは、60歳の時に年齢別の世界選手権で優勝する為に、日々を過ごしている館兄です。

今回は、開催が迫っている、マウンテンバイクダウンヒル全日本選手権について書いてみます。

マウンテンバイクダウンヒルの全日本選手権(ナショナルチャンピオンシップ)が、7月21日土曜日に開催されます。

qhm_logo

ナショナルチャンピオンシップは、世界中でほぼ同日に行われる、各国の一番を決める大会です。

年齢別にクラス分けがあり
1.エリート:17歳以上が参加できる、いわゆるナショナルチャンピオンシップです。
2.マスターズ:30歳以上から選ぶことができる年齢別のクラスです。日本では30歳台、40歳台、50歳台のクラスが設定されています。
3.ユース:14〜16歳
4.ジュニア:17歳

IMG_3733

で、実際にはエリートクラスで走るためには、昨年のレースである程度の実績が必要になります。ここで詳しく書くと面倒なので、興味ある方はこちらのリンク先に行ってみてください。

館兄は昨年の年間実績が34位で、40位までの残留資格を取る事が出来たので、2018年もエリートクラスを走っています。

DH_RaceData012018年全日本選手権エリートスタートリスト

今シーズンが始まる時に、マスターズクラスを選ぶ事も出来たのですが、世界に挑む為にはもっと速さを手に入れる必要があると考えていますので、エリートクラスを選びました。

1580

そして、その時に選んだクラスで全日本選手権に参加するルールになっているので、今年もガチンコエリートクラスにチャレンジします。

30人迄通過出来る、予選通過が目標になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

館兄 (たちあに)

自転車乗り。  MTBダウンヒル&エンデューロアスリート。 MTBダウンヒル世界選手権60歳クラスで世界一になることを目標に、日々を過ごす。その後、80歳までチャレンジすることを企んでいる。 2014年エンデューロワールドシリーズ40+クラス:総合13位。 2014年MTB全日本選手権ダウンヒル40代クラス全日本チャンピオン。 日本人唯一のSPINNING® マスターインストラクター。 鼻緒のトレーナーとして知られる。 焚き火評論家