2017 CJ DHI 富士見春 レースレポート後編

5月27日土曜日

雨は中々上がらず、夜中の3時くらいに一度強く降ったので、朝は晴れていますけど、路面は最悪でしょう。エリート以外のクラスの試走は始まっていますから、帰って来る選手たちの汚れ具合や話を聞いて、状況を推測します。

IMG_9845

特設区間は相当荒れて来ているようですが、常設区間は乾き始めている、との情報。

ようやくエリートクラスも走れる時間。1本目は、身体を目覚めさせるのと、路面を確認する様に走ります。

タイヤはシュワルベのマッド用タイヤ、ダーティーダンを昨日に引き続き履いています。でも、どんどん乾くでしょうから、いずれドライタイヤを選ぶことになるでしょう。問題はそのタイミングです。

スクリーンショット 2017-06-20 12.28.47

あちこちでコースが渋滞。通して走る事が出来ません。通して練習するのは、エリートクラスのみが走れる時間を待つしかなさそうです。

IMG_9925

by Hideyuki Suzukiさん

と思ったのですが、エリート時間の1本目は、リフト降り場の脇が転倒者がいて、イエローフラッグで一時停止。しかも、速度不足で館兄も転倒。次も同じ場所で転倒し、試走時間が終了してしまいました。

スクリーンショット 2017-06-20 12.30.34

館兄の予選は13時29分30秒スタート。約2時間30分もの間があきます。

泥用タイヤで二度も転倒しているのですから、リフト脇はゆっくり通過する事にして、ドライタイヤに交換します。みっちゃんは懸念を表明しましたが、今回はチャレンジする事を宣言しました。

一旦、装備を解き、リラックスタイム。ちょっとウトウトしました。

TOM200の積み込みの関係もあって、ダウンヒルバイクしか持って来ておらず、ここ数回のレースはローラー台を使わずに戦ったのですが、やはり正確なアップは必要だと感じたので、ダウンヒルバイクをローラー台に固定できるように工夫。SPINNING®(スピニング)の時と同じように、心拍数を管理しながら、約15分間のウォーミングアップ。

IMG_3346

装備をつけ、ゴンドラに乗り込みます。スタート地点まで、Aコースの3分の2ほど下るので、もう一度ブレーキングと倒し込みを復習しながら、落ち着いて下ります。実はスタート地点までのパンクで、出走できない選手が結構な数いるのです。館兄も一度、ペダルをヒットして壊し、半分になったまま決勝を走ったことがあります。

スタート地点に無事到着しました。

ここで、ちょっと悩んだのが、歩いて下って、リフト脇の様子を見に行くかどうか。

スクリーンショット 2017-06-20 12.29.05

時計を確認すると出走時間まで後10分。戻って来る自信が持てなかったので、見にいくのは辞めました。
でも、今は行かなかったことを後悔しています。次は、見に行ける余裕を持ってスタート地点に行こうと思っています。

召集がかかり、スタートの列に並びます。30秒間隔で列が短くなり、館兄の前の堀田さんが、スタート台に登りました。このタイミングでゴーグルを装着。心拍計は1分前にスタートしています。

堀田さんがスタート台を飛び出します。意識的にバイクを降りて、押してスタート台に入ります。バイクの位置を決め、それから跨ります。両足のクリートという金具を、ペダルにはめ込み靴を固定します。左手でスタート台の手すりを持ち、待ちます。

スクリーンショット 2017-06-19 15.41.03

5秒前のブザーを聞いた瞬間に、右手のブレーキレバーを解放しスタート。でも、すぐに左に小さく廻り込むので、加速はさせません。タイムドセッションとはラインを変えています。向きが変わった途端、半回転ペダルを回しバイクを加速させ、小さな土手を右方向に突っ切ります。奥の土手までまっすぐ行き、土手を使って左へ、そしてすぐに右。登り返して常設コースに合流。水切りをジャンプします。

20170527CJ春富士見

高速区間を走り抜け、最近うまくこなせるようになって来たテーブルトップジャンプ。想像以上に路面は乾いています。

20170527CJ富士見春海老原さん17

by Ebiのmtb写真館さん

次は、リフト脇、、と思っていたら、その手前のコブで予想外に大きくジャンプしてしまいます。そのせいで、リズムが狂ったのかも知れません。リフト脇のブレーキングまでははっきり記憶があるのですが、どのラインを選んで進入したのか、覚えていないのです。もっと、ゆっくり、ラインを見てから進入しようと決めていたのですが、それは出来ていませんでした。

20170527CJ富士見春信州さん5

by 信州ふぉとふぉと館さん
次に覚えているのは、仰向けにひっくり返った自分に気付いたこと。

急いでバイクを引き起こし、再スタート。がっかりはしていますが、気持ちは折れておらず、そこから先も、ほぼベストの走りで、ゴール。

IMG_9851

2分59秒039

みんなが走り込んでいる富士見パノラマのレースですから、やはり現実は甘く無く、3分を切れたのですが、41位で予選通過はならず、涙を吞みました。

今シーズンは、オフのトレーニングが思うように出来ず、不安なシーズンインとなりましたが、想像していたほどには状況も悪くなく、かえって一つ一つ落ち着いて取り組むことが出来、今のところなかなかのシーズンを過ごせています。

そうは言っても、予選落ちばかりではつまらないので、この5年の目標である5秒早く走れるようになることを目標に、一つ一つ取り組みます。

応援して下さる皆様、いつも有り難うございます。

IMG_3382

TEAM MARSHのみんなで

最終結果【ワキタソフト】

協力(敬称略)
MARSH 有限会社マーシュ:自転車に関する全てのサポート
takebow-tune Bikeworks:サスペンションサポート
Yuris:フレーム及び部品サポート
重力技研 /gravitylab:技術サポート
drop8:ウエアサポート

BodyArchitect【ボディーアーキテクト】:フィジカルサポート

2017 CJ DHI 富士見春 レースレポート前編



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

館兄 (たちあに)

自転車乗り。  MTBダウンヒル&エンデューロアスリート。 MTBダウンヒル世界選手権60歳クラスで世界一になることを目標に、日々を過ごす。その後、80歳までチャレンジすることを企んでいる。 2014年エンデューロワールドシリーズ40+クラス:総合13位。 2014年MTB全日本選手権ダウンヒル40代クラス全日本チャンピオン。 日本人唯一のSPINNING® マスターインストラクター。 鼻緒のトレーナーとして知られる。 焚き火評論家