2017 CJ DHI 箱館山 レースレポート前編

「2017 JCF Coupe du Japon MTB 滋賀・高島・DHI第1戦 」

MTBダウンヒルの2017年シーズンが開幕します。
会場は例年通り、滋賀県高島市にある箱館山スキー場。
4月の終わりから2週間ほどしかオープンしないので、なかなか走り込みが出来ず成績を残せないレースです。
IMG_9652

昨年は、ゴールデンウィークを使って可能な限り走り込むため、東京と箱館山スキー場を3往復しました。
おかげで苦手なポイントに気付けたり、それなりにコースを攻略できたので過去毎年予選50位くらいだったのを、予選通過まであと4秒、37位まで上げることができました。

スクリーンショット 2017-05-18 9.29.05

今シーズンは、一旦箱館山を走った後は、ホームコースである富士見パノラマを走り込み、今の状態を把握してから箱館山のレースウィークに入ることにしました。グリーンシーズンに入ったばかりで、スピード感を取り戻していないのを少しでも回復しておきたいと考えたのです。

5月5日(金曜日)

前日、富士見パノラマを走ってから移動したので、4時間ほどのドライブで到着。
公式練習は明日からなので、今日はレースコースはクローズで迂回ルートのみ走れます。

IMG_3289

いくつか確認したいことがあるので、今日はそのテストを行いました。

5月6日(土曜日)

今日から正式に2017シーズンが始まります。

IMG_3284

昨シーズンの成績が思ったよりも良かったので、エリートクラスに残留し、しかも今年のゼッケンはなんと34番。
DH人生で一番小さなナンバーを背負います。

IMG_9709

予想以上に渋滞するコースに戸惑いながらも、練習走行を開始。通しての練習はエリートクラスのみが走れる時間帯に行うしかありません。

女子最怖トレーナーみっちゃんと切磋琢磨して、昨シーズンの後半に、ようやく手に入れることができたライディングフォームが、箱館山のコースでも通用するのか、一つの重要なテストです。みっちゃんの考察は、このフォームを維持できれば、マスターズ世界選手権の斜度のキツイコースにも対応できるはずなのです。

20170507CJ箱館山海老原さん2

テストは良好。ただし次の課題はそのフォームを維持したまま、箱館山のコースを走り切れないこと。トレーニングはまだまだ続くのです。

BodyArchitectのトレーニングを一緒に行っているみんなで、情報を共有しながら、ラインを工夫し攻略します。

20170507CJ箱館山海老原さん4

今日の最後は、予選と同じ形式でタイム計測を行うタイムドセッション。
なんとか、40秒台に入れたいと思ったのですが、

20170506CJ箱館山

3分52秒476

後、少し足りませんでした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

館兄 (たちあに)

自転車乗り。  MTBダウンヒル&エンデューロアスリート。 MTBダウンヒル世界選手権60歳クラスで世界一になることを目標に、日々を過ごす。その後、80歳までチャレンジすることを企んでいる。 2014年エンデューロワールドシリーズ40+クラス:総合13位。 2014年MTB全日本選手権ダウンヒル40代クラス全日本チャンピオン。 日本人唯一のSPINNING® マスターインストラクター。 鼻緒のトレーナーとして知られる。 焚き火評論家