2018 CJ DHI 富士見パノラマレースレポート前編

大会名:クプ・ドゥ・ジャポン 第二戦
日時:2018年 5月26日
開催地 :長野県富士見パノラマリゾート
天気:晴れ
結果:予選35位:予選落ち

【今年のテーマ】
・全戦予選通過
・決勝を攻めて走る(予選よりタイムアップする)

【今レースのテーマ】
・春富士見の路面コンディションに対応する
・手に入れつつあるスピード感を、レースで発揮する
・一番予選通過が難しい大会なので、心する

今シーズン、全戦予選通過を目指す中で、最大の難関である、富士見パノラマ大会です。館兄を含めて、多くのライダーが走り込んでいるコースは、数秒の中に何人もひしめき合う結果になる事が多く、あと少しで、予選通過を落とす可能性が大きいのです。

今週迄に、マムアンドポップスの大島さんからセッティングのアドバイスを頂いたり、青木卓也選手に引っ張って貰って、スピードのレベルを上げるトレーニングをして大会を迎えます。

スクリーンショット 2018-05-28 9.55.41

5月25日金曜日

公式の練習日です。
MTBダウンヒルは、下り坂のコースを一人ずつ走って、タイムを競うレースです。

それぞれの選手が、それぞれのバイクでそれぞれの技術を発揮して、コースを攻略します。

そのタイムを競うのです。

確かに、ライバルは選手同士なのですが、同じ勝つなら、ライバルも最高のパフォーマンスを発揮した結果に勝ちたいのです。

だから、館兄はダウンヒルレースが好きなんだと思います。

スクリーンショット 2018-05-28 9.56.02

普段からダウンヒルのコースを営業している富士見パノラマリゾートですが、レースの時は普段走れ無いセクションが設定されます。
走り慣れている分、逆にリズムが変わって難しい部分もあり、公式練習は大事な時間です。

ヘルメットに装着したシマノのカメラで撮影したコース映像を確認しながら、ラインとリズムをチェックして、又練習に向かいます。

IMG_4549

朝の9時から、午後3時前迄練習時間が設定されていて、52歳の館兄には、全部元気良く走っていると、明日の体力が回復出来無い可能性が大きいのです。数を走れ無い分、映像を見てイメージを作っていくのです。

そして午後3時から、予選と同じ形式で、30秒間隔でスタートして、公式にタイム計測を行うタイムドセッションです。

33686554_2347309508829126_5089329606293454848_o

なるべく回復に努めたかったので、早めに上がって出走します。それなりにちゃんと走れた感覚があったのですが、

2分39秒044

と、タイムは伸びませんでした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

館兄 (たちあに)

自転車乗り。  MTBダウンヒル&エンデューロアスリート。 MTBダウンヒル世界選手権60歳クラスで世界一になることを目標に、日々を過ごす。その後、80歳までチャレンジすることを企んでいる。 2014年エンデューロワールドシリーズ40+クラス:総合13位。 2014年MTB全日本選手権ダウンヒル40代クラス全日本チャンピオン。 日本人唯一のSPINNING® マスターインストラクター。 鼻緒のトレーナーとして知られる。 焚き火評論家