2018 CJ DHI 箱館山レースレポート前編

「2018 JCF Coupe du Japon MTB 滋賀・高島・DHI第1戦 」

大会名:クプ・ドゥ・ジャポン 開幕戦
日時:2018年 5月6日
開催地 :滋賀県箱館山スキー場
天気:晴れ
結果:予選21位、決勝27位

使用バイク:FIREEYE Burning DH Mサイズ

【今年のテーマ】
・全戦予選通過
・決勝を攻めて走る(予選よりタイムアップする)

【今レースのテーマ】
・前半の尾根区間、ゴール前を漕ぎ切る
・中盤の突っ込みすぎを改善する
・フロントフォークを上手く使う

いよいよ、2018年のクップドゥジャポンダウンヒル開幕戦、箱館山がやってきました。

先々週の箱館山で行われた走り放題イベントの後、体調崩してしまい富士見パノラマの開場から走り込む事は出来ませんでした。

予定を変更して箱館山に移動するのを一日遅らせ、富士見パノラマを走ってから、箱館山に移動しました。

IMG_2249

ホームコースで、スピードを取り戻してから、箱館山のレースに挑みたかったのです。

実は、箱館山ではまだ予選を通過した事がないのです。

しばらくは50位前後と、箸にも棒にもかからない感じだったのですが、昨年は33位、その前は37位と徐々にレベルを上げてきて居るので、今年こそは予選を通過したいと思っているのです。

今シーズンの目標の一つが【全戦予選通過】なので、出だしで躓きたく無いですね。

5月4日金曜日

今日はまだ、公式のスケジュールには入っていないので、レースのコースを全て走れる訳ではありません。

部分的にはレースコースを走れるので、その区間をメインに練習しながら、試したい事をテストします。

特に今回は、スタートからのフラットな尾根区間を攻略する事でタイムアップを狙っています。

スクリーンショット 2018-05-07 21.08.33

又、太田選手が特訓してくれた、林道のつづら折れも走れるので、リズム感を探しました。

5月5日土曜日

いよいよ今日から公式練習が始まります。

レースコースも、昨日、徒歩では確認していたので、イメージを確認しながら、ペースを上げて行きます。

スクリーンショット 2018-05-09 18.10.35

実は昨年は、通常オープンして居る迂回コースの方が速かったので、レース本番もそちらを選んだのですが、今年はレースコースの方が速い設定になっていたので、レースコースを練習します。

太田選手の特訓の成果を、少しでも結果に繋げたくて、思い出しながらコースに当てはめて行きます。

スクリーンショット 2018-05-07 21.06.07

全体が繋がって来たな、と感じる頃に、予選と同じ30秒間隔で走りタイム計測が行われるタイムドセッションです。

まあまあまとめる事ができて、

3分53秒385

2018.5.5CJ箱館山タイムドセッション

出走32名中19位。悪くないです。

スクリーンショット 2018-05-09 18.08.44

走行後のコンディショニングを行なって、美味しい鰻を食べてトムさんで就寝しました。

Relive ‘Afternoon May 5th’



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

館兄 (たちあに)

自転車乗り。  MTBダウンヒル&エンデューロアスリート。 MTBダウンヒル世界選手権60歳クラスで世界一になることを目標に、日々を過ごす。その後、80歳までチャレンジすることを企んでいる。 2014年エンデューロワールドシリーズ40+クラス:総合13位。 2014年MTB全日本選手権ダウンヒル40代クラス全日本チャンピオン。 日本人唯一のSPINNING® マスターインストラクター。 鼻緒のトレーナーとして知られる。 焚き火評論家